AGAの症状

AGAについての知識と症状について

“AGA”聞いた事ありませんか?

 

CMなどで流れていて、記憶にあるなんて方もいるかもしれません。

 

こちらは、男性型脱毛症を指します。

 

AGA(男性型脱毛症)は、名前の通り、男性特有の脱毛症のことです。

 

症状の原因は、ヘアサイクル(周毛期)の成長期が短くなる影響で、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方や、双方から薄くなるのことが見た目の特徴となっています。
(ただし、薄毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在しているので、治療やケアを行なえば、髪の毛が太く長く育つ可能性は、大いにありますよ。)

 

薄毛や抜け毛に悩む男性のほとんどがAGAとされていて、脱毛部には、DHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられるのが特徴です。

 

これがヘアサイクルの周期の乱れの原因になり結果、髪の毛の成長期を短くする原因と考えられています。

 

AGAの症状が出てきますと、脱毛が進行していってしまいますので、早めの治療をオススメします。
(治療方法は、後ほど記載します。)

 

主に30〜50代の男性に多くみられ、日本全国でもその数は多いですよ。

 

原因は、男性ホルモンの影響が大きく関わっていると考えられていますが、
AGAも二つにわけて、20〜30代で発生する「若年性脱毛症」と40〜50代に発生する「壮年性脱毛症」に分類されます。

 

AGAは、加齢による影響が大きいとされていますが、近年では、生活習慣や社会的なストレスの影響が、若年性脱毛症へ繋がっているとされ、その人口も増えていることが現状です。

 

また、20代の若年性脱毛症は、そのことがストレスとなり、症状を悪化させてしまう可能性があるとされています。

 

治療法ですが、医療機関等での内服薬や自毛植毛術。
自宅での育毛剤やシャンプー、サプリメントなどでの対処や、整容的な対処としてのかつら着用などがあります。

 

内からの治療と、頭皮環境を整える外からのケアと両方がオススメとされていますね。

 

ちなみに、医療機関についてですが、AGAを相談できる医療機関は、日本全国に多数ありますから、
少しでも気になりましたら、自分がAGAなのか?を知るためにも、お近くの医療機関に足をお運び下さい。
(検査は病院によって異なりますが、1回約20000円前後です。)

 

また、自宅でチェックできる「AGA検査キット」がありますから、そちらで判断する方法もいいでしょう。
(自分の遺伝子を用いてチェックします。お値段は、約15000円以内です。)

 

AGAは、上記でも触れましたように、進行性ですので、早めのケアが必要だと言われています。

 

そのためにも、“自分はAGAなのか?”を知ることが、大事だと言えます。

 

AGAではなく単に生活習慣・ストレス・食生活などから抜け毛になり、若いうちに薄毛になるケースも昨今では多くあります。
上記にあげた原因以外にシャンプーが要員に上げられます。
若はげが多いのは、スカルプDなどあまりに成分が悪いシャンプーをメディアの力で訴求した結果だと思います。
なので、本当に頭皮のことを考えるなら、大々的にCMうってるシャンプーは原価的に費用がかけられないので良い成分は無に等しいです。
抜け毛ならウーマシャンプー以上の商品はないですね。